シドニー五輪レスリング銀メダリスト、永田克彦が主宰する格闘スポーツジム「レッスルウィン」。初心者・女性、大歓迎です。

お気軽にお問合せください

03-5314-9414

メールでのお問合せはこちら

只今レスリングを始めたい子募集中!

今年2016年のリオ五輪でも日本選手が大活躍したレスリング。

格闘スポーツジム・レッスルウィンでは、子供のカラダとココロを強くすることを目的に3歳半~小学生のキッズレスリングクラスを開講しております。

年齢や体力に合わせてそれぞれクラスが分かれており、初心者でも安心して取り組めますので、これから子供のカラダとココロを強くするレスリングを始めてみませんか?

今年の全国大会でレッスルウィンから優勝者4名と大活躍!

平成28年7月22日(金)~24日(日)に東京・代々木第一体育館で開催された第33回全国少年少女レスリング選手権大会にレッスルウィンから21名の小学生が出場し、優勝者4名、準優勝者4名、3位入賞4名と大活躍しました。

レスリングを始めた時はみんな普通の子だったけれど、日々の練習で最初の頃とは別人のように逞しく成長しております。しかしこれで満足せずにさらなる目標に向かって頑張っていきましょう!

日本レスリング協会のホームページでも全国大会での活躍が特集されました!

  • 強くなりたい!
  • 運動能力を上げたい!
  • 心身ともにたくましい子に育てたい!
  • 身体は小さいけど、全国で一番になれるスポーツをやりたい!
  • 将来オリンピックを目指したい!

など、お考えの方は多いと思います。

私は、15歳からレスリングを始め、全日本選手権6連覇、2度のオリンピック出場、シドニーオリンピック銀メダル獲得と、たくさんの素晴らしい経験をさせていただきました。 

これらの経験は今となっては私の貴重な財産となっておりますが、これから未来ある子供達に、一つでも多くのことを伝えていくのも私の使命だと思っております。 

15歳から始めた自分でさえ、夢を叶えることができたのだから、
“子供達一人一人の可能性を信じ、最大限に伸ばしていく指導”
を心がけております。

冒頭で言ったことのようなお考えの方がいましたら、

 “今すぐレッスルウィンのキッズレスリング教室に来て下さい!
私が責任を持ってご指導いたします!”

レッスルウィン代表
シドニー五輪銀メダリスト  永田克彦

レスリングは、子供のココロとカラダを強くしてくれる安全なスポーツです

1. 目的

レスリングを通じて強い精神力と体力を養成し、強くて逞しい青少年の育成を目指します。
また、大会参加や強化練習なども積極的に行い、オリンピックを目指す子や、いじめをしない、されない子を育てていきます。

2. レスリングとは

今話題の「ヨコミネ式」でも採用され、注目を集めるレスリングは古代オリンピックから採用されている伝統あるスポーツです。

最近のオリンピックでの日本女子選手の活躍はご存知の方は多いと思いますが、男子選手も戦後日本が参加したオリンピックで必ずメダルを取り続けている日本のお家芸ともいえる競技です。

パンチやキックなどの打撃技はもちろん反則です。握手に始まり握手に終わり、お互いがタックルや投げ技を使ってフォール(相手の両肩をマットにつける)を狙って勝敗を競い合います。

また、体重別にわかれており、身体の大きい小さいに関係なく、誰もが活躍できるチャンスがあるので非常に平等なスポーツといえるでしょう。

特に近年のキッズレスリングの過熱振りはすさまじく、実施クラブや競技人口が増加して各大会が頻繁に行われており、かつてない盛り上がりをみせています。

3. レッスルウィンキッズレスリング道場訓
  • あいさつをしっかりするべし。
  • 握手に始まり、握手に終わるべし。
  • 目標を持って練習に取り組むべし。
  • 最初から最後まで攻めるべし。
  • 練習で泣いて、試合で笑うべし。
  • 周りに感謝するべし。
  • 素直な心と思いやりの気持ちを持つべし。

活動の様子

※クリックすると拡大します。

キッズ練習18.JPG

小学生のメンバー。
現在、幼児から小学生まで全体で60名のキッズが在籍しています。

キッズ練習14.JPG

目指せ弾丸タックル!

キッズ練習12.JPG

全身を使うレスリング。
これほど心と身体が強くなって、安全なスポーツはありません。

キッズ練習1.JPG

キッズレスリングクラスは、幼児初級、幼児アドバンス、小学生基本クラス、小学生選手クラスに分けられ、それぞれ週3回以上の練習を行っています。

レッスルウィンキッズ2.JPG

女の子も頑張っています。
目指せオリンピック!

キッズ練習10.JPG

最年少は3歳半からです。
3歳~6歳の期間が、運動神経を磨くのに最も重要な時期となります。

キッズ練習17.JPG

今の子は昔に比べ、体力が落ちているので、これだけ小さい頃からカラダを思いっきり動かすのは非常に重要です。

キッズ練習15.JPG

高学年の子が迫力あるスパーリング。
レッスルウィンでは中学生になっても、一般レスリングクラスでレスリングを続けることができます。

2013キッズ全国大会1.JPG

他チームとの合同練習も行っております。

キッズ練習20.JPG

保護者の見学は自由です。
親御さんも子供達の練習を熱心に見守っています。

2013ライオンズ杯.JPG

近年、キッズレスリングは都内近郊で、盛んに大会が行われており、チームとして積極的に参加しています。

2012関東幼児大会.JPG

 レッスルウィンキッズは、大会に出ても大活躍!
レスリングは頑張った人が勝てるスポーツであることも大きな魅力です。

2012キッズ全国大会.JPG

小学生は毎年、全国大会が開催され、全国から1,500人もの参加があります。

2013キッズ全国大会1.JPG

大会場での開催が近年のキッズレスリング界の盛り上がりを象徴しています。さすがに全国大会となるとハイレベルな戦いです。

全国選抜香.JPG

クラブ設立4年目にして、ついに全国チャンピオンが誕生!
小さい子からしっかり育てているので、これからどんどんチャンピオンが生まれていきます。

キッズ取材.JPG

テレビなど、マスメディアから取材を受けることもたびたびあります。
おかげで子供達もインタビューに慣れてきました。

2013キッズクリスマス会1.JPG

激しい練習や試合だけでなく、クリスマス会やバーベキューなどのイベントも行っております。

2013キッズクリスマス会7.JPG

ゲームで大盛り上がりです。
子供達も普段の練習とは違って大はしゃぎです。

2013キッズクリスマス会6.JPG

サンタも登場で子供達も大喜び。

シドニーオリンピック銀メダリスト永田克彦が直接指導!

何といってもレッスルウィンの一番のポイントは、シドニー五輪銀メダリストの永田克彦が直接指導するところです。

幼児クラス、小学生クラスの全クラスで長年培ってきた経験や技術、強くなるためのノウハウをわかりやすく指導いたします。

他に補佐のコーチが1名在籍し、安心の2人体制で一人一人の能力を最大限に伸ばす指導を心掛けてます。

年齢によりクラスを分けてあるので、低年齢の子でも安心!

レッスルウィンのキッズレスリングクラスは、幼児初級、幼児アドバンス、小学生基本クラス、小学生選手クラスの4つのクラスに分かれています。
それぞれ週3回以上のレッスンを行い、年齢に合わせた練習プログラムを指導していますので低年齢の子でも安心して始めることができます。

広すぎない充実した練習スペース!

レッスルウィンのマットスペースは約40㎡。決して広くはありませんが、一人一人に目が行き届き、全員にしっかりと指導できる広さです。

マットの素材は一流メーカーのものを採用しておりますので、クッション性やグリップ力に富み、抗菌加工も施しておりますので安全面でも非常に優れています。また、レスリング選手に1番必要な「引きつける筋力」を養成する綱のぼりロープも常備しております。

大会出場やイベントなども盛りだくさん!

強くなってきたら成果を体感し、自信をつけるためにも試合出場が一番いい経験となりますので、レッスルウィンでは希望者を率いて積極的に大会に参加しています。大会では、引率やセコンドのサポートももちろん行っておりますので、初めて出場する子も安心して参加できます。

また、激しい練習や大会出場だけではなく、バーベキューやクリスマス会などの楽しいイベントも行っており、チームの団結力の向上にも努めています。

頑張れば全国チャンピオンになれる!

「目指せ全国チャンピオン!」 基本をしっかりと学び、大会出場を前提により強くなりたいという子のために、小学生選手クラスを週4回設けており、全国チャンピオンを目指したより高度なレッスンを行っております。

レッスルウィンでは毎年全国大会での優勝者を輩出しており、初心者でレスリングを始めた子でも全国チャンピオンに育成するプログラムを行っております。

キッズ時代だけじゃなく、将来まで安心サポート

近年非常に盛り上がりをみせるキッズレスリング界ですが、残念ながら中学生以上になると著しく競技人口が減ってしまう傾向にあります。

主な理由として、中学生の練習環境の有無や、部活動との両立の問題といったことが挙げられますが、レッスルウィンでは中学生に上がってもレスリングを続けられるように、週4回一般レスリングクラスと合わせて中学生が参加できるクラスを行っており、部活動との両立も問題ありません。もちろん、一般レスリングクラスも代表の永田克彦がご指導いたします。

また、高校でレスリングをやりたい、将来オリンピックを目指したいという希望がありましたら、都内近郊のレスリング部のある高校や全国の強豪高に推薦、ご紹介いたします。

このようにキッズ時代だけではなく、将来までサポートいたしますのでご安心ください。

クラス別の練習内容とスケジュール

クラス分けとレッスン内容

レッスルウィンのキッズレスリングクラスは、年齢と目的に合わせ、以下のようなクラス別スケジュールと練習内容になっております。

1. 幼児初級クラス

主に3歳半から5歳までの始めたばかりの子や、経験の浅い子を対象としたクラスです。基礎体力作りや基本技術の習得を目指し、運動神経の発達、精神力の向上、礼儀作法を身に付けることができます。
練習内容は、ランニング、マット運動、ブリッジなどの基礎運動をしっかり行い、レスリングの基本技術の構え、タックル、寝技の練習、スパーリング(試合形式の実践練習)、ロープ登りなどの補強運動を行います。

スケジュール 週3回
曜日時間
水曜日16:00~17:00
金曜日15:30~16:30
土曜日10:00~11:00
2. 幼児アドバンスクラス

主に5~6歳の子を中心に、幼児初級クラスで基礎体力と基本技術を習得した後、大会出場を目指したり、より高い体力・精神力の養成を目指すクラスです。
練習内容はよりレベルアップした内容となります。基礎体力作りの運動に始まり、組み手、崩し、タックル、投げ技、がぶりなどのスタンド技術から、ネルソン、腕取り、ローリング、アンクルホールドなどのグランド技術の練習からスパーリング(試合形式の実践練習)、ロープ登りなどの補強運動を行います。

スケジュール 週3回
曜日時間
火・木15:45~17:15
土曜日11:15~12:45
3. 小学生基本クラス

小学生のクラスとなります。レスリングを基礎から学ぶことができ、子供の強い心と身体を作り、逞しい自立した人間の育成を目指します。

また、希望者は地方大会などの試合も出場可能です。
練習内容はマット運動、ブリッジ、基礎体力作り、基本・応用技術、スパーリング(試合形式の実践練習)、補強運動を行います。

※1、小学生からレスリングを始める子や、体験してみたい子は、まずはこちらのクラスからの参加となります。

※2、土曜日のレッスンは選手クラスと合同練習となります。

スケジュール 週3回
曜日時間
水曜日17:30~19:00
金曜日16:45~18:15
土曜日(基本&選手合同)14:30~16:15
4. 小学生選手クラス

「目指せ全国チャンピオン!」 こちらのクラスでは、大会出場を前提により高度な技術・体力を身に付けるための練習内容となります。

参加資格は幼児アドバンスクラスで経験を積んだ子や、小学生基本クラスで基本技術と基礎体力を身につけた子となります。

基礎体力作り、ハイレベルな技術の習得、スパーリング(実践練習)の練習を行い、地方大会での優勝、全国大会での上位入賞を目指します

スケジュール 週4回
曜日時間
月曜日16:00~18:00
火・木17:30~19:15
土曜日(基本&選手合同)14:30~16:15

何で「レスリング」なのか?

  1. 人の痛みをわかる

    今の時代子供が外で遊ぶ機会も昔に比べ少なくなり、テレビゲームで遊ぶ子が増え本気でぶつかり合うことが少なくなっている世の中で、人の痛みをわからない子供達が多くなっていることが切実な問題としてあげられます。

    レスリングは打撃のない格闘技で子供でも安全に取り組むことができるスポーツです。握手に始まり握手に終わり、身体と身体で思い切りぶつかり合います。

    昔の子供はよく相撲をとったりしたように本来、取っ組み合いや闘うことは人間の本能としての行動です。

    レスリングのルールの中で安全に闘うことによって相手の痛みをわかり、いじめをしない、されない子に育てます。

  2. 競争社会で生き抜く力をつける

    この不景気の中、社会に出たら今まで以上に競争が激しくなりこれから先、生き抜くためにも一人一人によりいっそうの力が必要となるでしょう。

    レスリングはとてもハードなスポーツです。まず日々の練習で心身が鍛えられます。大会に出場すれば勝つために目標を持って頑張り、プレッシャーとも闘う。

    勝てば「自信」になり、負けたら「悔しい!」という気持ちが芽生え、課題を見つけてまた頑張る。その繰り返しで競争社会で生き抜く力をつけることができます。

  3. 目指すは「日本一」、「オリンピック」

    いきなり日本一やオリンピックというのは現実的ではありませんが、レスリングは体重別のスポーツで身体の大きさに関係なく誰もが活躍できるチャンスがある競技といってもいいでしょう。

    キッズレスリングでは同じ年齢・体重の中で日本一を決める全国大会が毎年開かれています。また最近のオリンピック選手はキッズ時代から活躍している人が多い傾向にあり、近年のキッズレスリング界の過熱ぶりに拍車をかけています。

    志を高く持って「日本一」「オリンピック」を目指すのも何と夢があって素晴らしいことではないでしょうか!?

平成27年度大会結果

  • 全国少年少女選手権大会優勝1名!
  • 関東幼児大会優勝10名!
  • 東日本大会優勝1名!
  • 全国選抜大会準優勝2名!

2013東日本大会.JPG

東京選手権2014.JPG

2013全国大会勇馬.JPG

全国選抜香.JPG

キッズレスリングクラスは3歳からの幼児クラスと小学生以上のクラスに分かれており、時間は幼児クラスが約60分。小学生以上のクラスが約90分です。

※写真をクリックすると拡大します。

DSC_1386.JPG

まずはランニング。時間を計って短い距離、長い距離など、さまざまな種類のランニングで体力アップします。

DSC_1393.JPG

四つんばい走行。普通の生活では絶対にしないいろいろな動物の動きで敏捷性や筋力を養います。

DSC_1412.JPG

マット運動。怪我をしない柔軟性や敏捷性を養います。

DSC_1438.JPG

レスリングの基本のブリッジ。

DSC_1474.JPG

打ち込み。
タックルの反復練習です。

DSC_1478.JPG

スパーリング。
実践練習で総合的に鍛えます。

DSC_1522.JPG

最後はロープ登りで筋力アップ。

小学生以上のクラス練習風景

※写真をクリックすると拡大します。

DSC_1534.JPG

ランニングはあらゆるスポーツの基本です。
時間を計って短い距離から長い距離までその日によって走るメニューを変えています。

DSC_1540.JPG

ジャンプ、バービー、モモ上げなどのサーキットトレーニングでスピードや敏捷性を養います。

DSC_1552.JPG

壁を使っての3点倒立。

DSC_1561.JPG

輪になってブリッジ。
レスリングの基本です。

DSC_1567.JPG

タックルの打ち込み練習。

DSC_1581.JPG

スパーリング
(試合形式の実践練習)

DSC_1696.JPG

スパーリング。
親御さんも見守っています。

DSC_1624.JPG

グランド(寝技)でフォールを狙います。

DSC_1727.JPG

最後はロープ登り。最近の子は木登りする機会もあまりないのか、みんな喜んで登ります。

DSC_1732.JPG

練習の最初と最後は正座で挨拶

お問い合わせはこちら

レッスルウィンではレッスン内容や料金についてなど、何かわからないことがある場合、お電話もしくはお問い合わせフォームにてご質問を受け付けております。

お気軽にお問い合わせください

例えば

  • 初心者なので不安
  • どんなレッスンがあるか知りたい
  • 料金システムについて知りたい
  • 体験レッスンを申し込みたい

など、どうぞお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間:10:00〜22:00 (土曜21:00まで、日祝定休)
フォームからのお問い合わせは24時間受付けています。

子供から大人まで、初心者や女性の方でも安心して通える格闘技ジムです。見学自由、体験コースもあります。レスリング、キックボクシング、総合格闘技に興味のある方、まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

03-5314-9414

受付時間:10:00〜22:00
(土曜21:00まで、日祝定休)

フォームからのお問い合わせは24時間受付けています。

ご連絡先はこちら

格闘スポーツジム
レッスルウィン(wrestle-win)

〒182-0002 東京都調布市
仙川町3-9-18-1F

代表:永田克彦

代表ごあいさつはこちら

アクセスはこちら

ブログ